くらげの迷走HOMEGALLERY>P−51Dムスタング ”Lady Marion”

DATA

使用キット
ハセガワ1/72
P−51D ムスタング
追加パーツ等
なし
マーキング
キット付属デカール使用
資料
特になし

製作記はこちら

P−51D ムスタング
”Lady Marion”

太平洋戦線の機体の特徴である、太いインベンションストライプを巻いたムスタング。

自分では特別意識していないのですが、何気に最多製作レシプロ機。

発売当時は決定版といわれていたり、機首の形が賛否両論だったハセガワのP−51Dムスタングですが、その後タミヤからも同じP−51Dムスタングが出て、違いを作り比べてみようと思って製作したものです。

同じ機体でもメーカーによって細部に違いが出るのはよくあることですが、天下のタミヤとハセガワ。
しかも超メジャー機であるムスタングの現在のレベルで開発されたキットだったので、さすがにほとんど同じかと思われましたが、比べてみるとかなり違います。

特に機首の形状は、角が出るくらい上部が張り出しているハセガワに比べ、タミヤは丸に近い曲線の形状。あえてタミヤが開発した意味がこの辺にありそうですね。
とはいえ全体的な出来や作りやすさはどちらも申し分なし。あとはどっちの形状が自分のイメージに近いかですかね。


@

A

B

C

D

解説

POINT@:塗装
ムスタングの基本であるシルバー塗装の機体。シルバーにはグンゼの”スーパーファインシルバー”を使いました。
やる気アピールのポイントであるパネルの塗りわけはしませんでした。
POINTA:塗装その2
良く見るヨーロッパ戦線の白黒のインベンションストライプに比べ、太平洋戦線のものは太くて主翼全面に及ぶものです。
こっちのほうが派手でいいかなと思いましたが、実際見てみると意外と引き締まって見えて派手というより渋いといった感じです。
POINTB:ノーズアート?
ムスタングのノーズアートにしては地味な”LadyMarion”。部隊マーク(?)の機首のマーキングもないし、ちょっと寂しいですね。
黄色もペラにちょっと入っているだけなんで、いまいち盛り上がりませんね。
POINTC:仕上げ
やはりムスタングは綺麗に仕上げたい。今回も研ぎ出しを行ってぴかぴかに仕上げています。
でもたまには汚いムスタングもいいかも。次はそれだな。

本来作り比べということで、タミヤのP−51Dムスタングと同時進行で違いを確認しながら作る予定でしたが、いまいち気持ちが乗らなかったので簡単に素組みをしてしまいました。
もちろんタミヤのP−51Dムスタングもすでに購入済み。今回使用したデカールもまだあまっていることですし、時間差がありますが、いずれ比べながら製作してみたいと思います。

しかし、機首のラインはどっちが実機に近いですかね?写真によって見え方が違ったりして、これは結構個人でイメージが違いそうです。

inserted by FC2 system