くらげの迷走HOME1/144WINGS現用機>AV−8BハリアーU”VMA−231 Ace Of Spades”

AV−8B ハリアーU
”VMA−231 ACE OF SPADES”

完成日:2010年6月7日

使用キット:レベル1/144 AV−8BハリアーU

コンテスト以来の久しぶりの1/144は再びハリアー。
しかし今回はちょっと仕様が違って、米海兵隊のAV−8BハリアーUです。

前作のハリアーGR.7を見て気に入っていただいた方のリクエストということで再び登場となりました。

レベルのAV−8BハリアーUは傑作といっていいすばらしい出来なので、今回もそれほど苦労することなく製作することが出来ました。
依頼品とはいえ前作よりも手の入っている部分もあり、2作目らしいバージョンアップした仕様となっています。

塗装とマーキング

アメリカ海兵隊 VMA−231”エースオブスペード”

今回のマーキングはキット付属のデカールを使用しました。

胴体下面の汚しなど、仕様としては前作を踏襲しています。

色合いは一般的な米軍機のグレー迷彩。調色の手間がなかったのは助かりました。

デカール

レベルの1/144のデカールはツヤもなく、一見して硬そうだなという印象です。
ノリも弱そうだし、使って大丈夫かな?と不安になりますが、実際使ってみると意外と問題なかったりします。

今回も尾翼のスペシャルマーキングが心配でしたが、丸ごと貼ってマークソフターを使ったら意外とよくなじみました。

もちろん合わせ目部分はタッチアップが必要でしたが、幸い黒で手間がかからなかったので助かりました。キットでは省略されているチャフディスペンサー基部も追加工作。ここはハリアーGR.7とは違うところですね。

ちなみに尾翼の前に伸びる部分の長さも違うようです。

塗装、他

米軍の使用している基本的なグレーの3色迷彩。

これはハリアーに限ったことではありませんが、グレー迷彩は機体(写真)によって結構色合いが違って見えることが多々あります。

今回も私は実機写真を参考に色合いを微調整しましたが、依頼者さんのイメージとはちょっと違ったようです。

何とかご納得していただきましたが、この辺は個々の印象もあり、イメージを一致されるのは難しいですね。

追加工作

前作ではベースに固定してしまったため、ほとんど見えなくなった下面。

今回はご依頼による追加工作として、フィンやエアブレーキを追加しました。

キットには機銃のパーツしか付いていないので、左右のフィンはプラ板で自作となります。

また、エアブレーキもプラ板で工作。
ハリアーのエアブレーキはあまり開いていないようなので、内部構造はほとんど見えませんが、一応ハセガワのキットを参考に桁などを追加しています。

そのほか開口し直したノズル、薄くした耐熱板など。この辺は前作同様の工作です。

ベースも含め基本的にはコンテスト作品と同仕様の完成形。

ただ、ベースの高さは低くしてあります。


損得勘定抜きで個人的作品として思いをこめて作った作品だけに、魅力的に見ていただけた方がいたのはうれしいことです。

そんな作品を欲しくなるのは当然といえば当然ですが、もともと再製作するつもりもなく製作したものでしたので、同様のものが欲しいといわれると結構大変。

今回も何とか同仕様の作品となりましたが、その分時間を大幅にかけてしまって、依頼者様には大変ご迷惑をおかけしました。

このようなご依頼を受けるかは、今後は慎重に検討しないとお互いのためによくありませんね。

inserted by FC2 system